10月19日(土曜日) 前日 翌日
出演バンド
宇野嘉紘 Quartet
メンバー
宇野嘉紘(tp) 成田祐一(p) 山本裕之(b) 野澤宏信(ds)
ジャンル
Jazz
プロフィール
NYの風を感じさせるモダンスタイルジャズ

宇野嘉紘
トランペット奏者
中学時代にトランペットを始め、高校時代には本格的にクラシックミュージックを勉強する。KOBE国際音楽学生コンクール・優秀賞・審査委員賞受賞。
その後ジャズレコードコレクターの父親の影響を受け、ジャズトランペットに転向。2012年にはBerklee音楽院教授タイガー大越が主催する北海道グループキャンプ2012に参加
同年Roy HargroveやRobert Glasperを輩出したNYの名門校The New School Jazz And Contemporary Musicに合格。全国YAMAHA即レコバンドオーディションでグランプリ受賞し、賞金100万円獲得。
ニューヨークでは、Dizzy Gillespie Big Bandに在籍したJimmy Owens、Art Blakey's Jazz Messengersに在籍したDavid Schnitter、グラミー賞を受賞したMaria Schneider Orchestraのトランペット奏者、Ingrid Jensenなどからインプロビゼーションを学ぶ。
野澤宏信
1987年生。福岡県出身。12歳からドラムを始める。
2006年洗足学園音楽大学ジャズコースに入学後ドラムを大坂昌彦氏、池長一美氏に師事。在学中には都内、横浜を中心に演奏活動を広げる。
卒業後は拠点をニューヨークに移し、2011年に奨学金を受けニュースクールに入学。NY市内で演奏活動を行う他、Linton Smith QuartetでスイスのBern Jazz Festivalに参加するなどして活動の幅を広げる。
NYではドラムを3年間Kendrick Scott, Carl Allenに師事。アンザンブルをMike Moreno, Danny Grissett, Will Vinson, John Ellis, Doug WeissそしてJohn ColtraneやWayne Shorterを支えたベーシストReggie Workmanのもとで学び2013年にニュースクールを卒業。ファーストアルバム『Bright Moment Of Life』のレコーディングを行い、Undercurrent Music Labelからリリースする。2014年ニューヨークの活動を経て東京に活動を移す。
現在洗足学園音楽大学の公認インストラクター兼洗足学園付属音楽教室の講師を勤める。
成田祐一
父親の影響で、幼少の頃から洋楽を聞いて育つ。
9歳でクラシックピアノを始め、洗足学園音楽大学入学と同時にジャズに転向。在学中はユキ・アリマサ氏に師事。
卒業と共にプロ活動をスタート。
2010年よりニューヨークに渡米し、現地でライブやセッションに参加。翌年帰国後、現在は横浜・都内を中心に演奏活動を行いつつ、自分らしいピアノとは何かを研究中。
三木孝浩監督の映画「坂道のアポロン」では主人公(西見薫)のピアノを担当。
山本裕之
1985年5月31日、ピアノ調律師の次男として山口県で産まれ育つ。幼少の頃よりピアノを習う。
その後両親の影響で少しずつジャズやソウルに興味を持ち、ベースを始める。高校卒業後ピアノ調律師を継ぐかベーシストの道を迷うが自分の体にフィットしたベーシストの道へ進むことを決める。
18歳から東京に拠点を移しAN music schoolに入学する。
在学中から様々なセッションやライブを経験する。
(共演者は中村誠一、直居隆雄、岩見和彦fromナニワエキスプレス、中路英明、大槻カルタ英宣、類家心平、寺屋ナオ、矢野沙織)
2017年よりジャズピアニスト山中千尋の国内ツアーや、国際フォーラム、ビルボードなどで行われたライブに参加している。NHK総合「あさイチ」、テレビ朝日「題名のない音楽会」に山中千尋Trioで出演する。
チャージ
¥2,800
演奏時間
第1ステージ: 19:40~20:40
第2ステージ: 21:20~22:20