8月31日(木曜日) 前日 翌日
出演バンド
天辰直彦 Quartet
メンバー
天辰直彦(fl) 葭葉愛子(p) 伊地知大輔(b) 柳沼佑育(ds)
ジャンル
Jazz
プロフィール
天辰直彦
宮崎県出身。11歳よりフルートを始める。尚美学園大学、同大学院を修了。 フルートを野勢善樹、唐見啓子、菅原潤、室内楽を故浜中浩一各氏に師事。 故ヴォルフガング・シュルツ、サラ・ルヴィオン、クロード・ルフェーブル、ソフィー・シェリエ各氏のマスタークラスを受講。 2012年 第39回フルートデビューリサイタルに出演。 2013年 第19回宮日音楽コンクールにて優秀賞を受賞。 同年、フラメンコショーに急遽出演したのをきっかけに、都内近郊でタブラオ、イベントなどに出演するようになり、音楽活動をスタート。 2014年にピアニスト岸淑香とフルートとピアノによるフラメンコジャズユニット「アマケット」を結成。2015年には地元宮崎県の小林市文化会館にて地元ライブを開催。
2016年には宮崎、奄美大島でもライブを開催。 他にもスタンダードジャズ中心のリーダーバンド「天辰直彦 Quartet」や、フルーティスト松村拓海との2フルート「松天」、フルートと弦楽三重奏で結成したクラシック中心の「Flerdas Quartet」など、ジャンル関係なく幅広く活動している
葭葉愛子
三重県出身、京都外国語大学卒業(部活は探検部)、元国際線グランドホステスというユニークな経歴を持つ。
ヤマハ音楽教室アドバンスコース上級科卒業。クラシックピアノを高校卒業まで続ける。
大学時代に突然ジャズピアノに魅了され、ビルエバンスやオスカーピーターソンのCDを聴くようになるが、実際にジャズピアノを勉強し始めたのは航空業界に就職後。
ジャズピアノを木畑晴哉氏に師事し、一から基礎を学ぶ。
会社を辞めて短期渡米。Matthew Fries、Kevin Haysにピアノを教わる。ニューヨークのライブハウスへライブを聴きに行ったりジャムセッションに飛び込む。
その後は関西だけではなく東京でも幅広く演奏活動をするようになる。
独自の世界観を持ち、情景が浮かぶオリジナル曲が特徴的である。
知名度もCDもない状態から徐々に口コミで広がり、2015年にリーダーを務めるオリジナル曲メインのプロジェクトバンドで全曲オリジナルで大津ジャズフェスティバルにゲストで出演。2016年10月にオリジナルプロジェクト、2017年3月下旬に初のピアノトリオのCDをリリース。
伊地知大輔
1989年鹿児島県生まれ。
法政大学入学を機に上京し、同大学ジャズ研究会に入部。コントラバスを手にする。
同大学出身で現在ジャズ界屈指の若手ベーシストして注目される楠井五月氏に師事。また東京・高田馬場にある『intro』のジャムセッションに数多く参加し、腕を磨く。 主な共演者(敬称略)
小曽根真(p)、川嶋哲朗(ts)、池田篤(as)、南博(p)、津上研太(as)、本田珠也(d)、荒武裕一郎(p)、菅原高志(d)、松井宏樹(as)、小松悠人(tp)、若井優也(p)、菊池太光(p)他 現在は都内を中心に活動中。
柳沼佑育
1992年福島県出身。
2011年4月に尚美学園大学入学後、木村由紀夫氏に師事。
Philly Joe Jones等のジャズドラマーに影響を受け、ビバップ、ハードバップスタイルのドラムに特に傾倒する。在学時より、竹内亜里紗(pf)氏のバンドに参加し、アルトサックスの名手、澤田一範氏をはじめ、様々なミュージシャンとの共演を重ねる。同世代ミュージシャンとの共演も多く、卒業後は、2017年より日本を代表するジャズギタリスト、宮之上貴昭氏のグループに参加。現在、さまざまなバンドで都内を中心に活動している。
チャージ
¥2,700
演奏時間
第1ステージ: 19:40~20:40
第2ステージ: 21:20~22:20