10月28日(土曜日) 前日 翌日
出演バンド
江口龍太 Quartet
メンバー
江口龍太(g) 金村盡志(tp) 深尾久徳(b) 野澤宏信(ds)
ジャンル
Jazz
プロフィール
江口龍太
東京都出身
国立音楽院研究科卒業
同校にて岩谷耕資郎、宮内佳樹両氏に師事
卒業後、市野元彦氏に師事
現在東京都内のカフェやジャズバーなどでギターデュオやボーカルのサポートなど多方面で活動中
金村盡志
専修大学在学中から都内ジャズバー等で演奏活動を始め、約4年間原朋直氏へ師事する。
2010~2011年にかけてニューヨークのThe New School for Jazz and Contemporary Musicへ留学し、トランペットをJimmy Owens氏に師事するほか、Steve Cardenas, Billy Harper, Reggie Workman等の指導を受ける。
深尾久徳
1985年生まれ。広島県出身。大学入学と同時にJazz研究会に所属。Jazz、ウッドベースと出会う。Jazzを魚谷のぶまさ氏、中島教秀氏、Funkを笹井BJ克彦氏、クラシックを長谷川悟氏に師事。
在学中より関西を中心に演奏活動を開始。現在は拠点を関東に移し、沢山の方々に音楽、楽器の持つ素晴らしさを知ってもらうため、日々腕を磨いている。
2014年8月6日、関西で出逢ったメンバー、生田さち子、橋本現輝を率いる自己のピアノトリオより、全曲自身のオリジナルを収録した1st Album "Life-size Emotion"を全国リリース。
野澤宏信
1987年生。福岡県出身。12歳からドラムを始める。
2006年洗足学園音楽大学ジャズコースに入学後ドラムを大坂昌彦氏、池長一美氏に師事
。在学中には都内、横浜を中心に演奏活動を広げる。
卒業後は拠点をニューヨークに移し、2011年に奨学金を受けニュースクールに入学。NY市内で演奏活動を行う他、Linton Smith QuartetでスイスのBern Jazz Festivalに参加するなどして活動の幅を広げる。
NYではドラムを3年間Kendrick Scott, Carl Allenに師事。アンザンブルをMike Moreno, Danny Grissett, Will Vinson, John Ellis, Doug WeissそしてJohn ColtraneやWayne Shorterを支えたベーシストReggie Workmanのもとで学び2013年にニュースクールを卒業。ファーストアルバム『Bright Moment Of Life』のレコーディングを行い、Undercurrent Music Labelからリリースする。2014年ニューヨークの活動を経て東京に活動を移す。
現在洗足学園音楽大学の公認インストラクター兼洗足学園付属音楽教室の講師を勤める。
チャージ
¥2,500
演奏時間
第1ステージ: 19:40~20:40
第2ステージ: 21:20~22:20