1月21日(日曜日) 前日 翌日
出演バンド
Franck selection vol.58   Sunday Afternoon Live
メンバー
情家みえ(vo)上長根明子(p) 新井光子(vc)
ジャンル
Jazz
プロフィール
情家みえ
愛媛県宇和島市出身。
幼少時に父親の影響で音楽に親しむ。6歳よりピアノを始めると同時に、歌唱にも興味を抱き、声楽のレッスンを受ける。大学では幼児教育を専攻しクラシック音楽を学ぶが、間もなくJAZZと出会い、徳島県内のホテルやクラブでJAZZを歌い始める。
大学卒業後、上京。南青山の老舗ジャズクラブBODY&SOULでスタッフとして勤務。ほどなく同店オーナー関京子の勧めでデビュー。ピアニスト山本剛のライヴレコーディングに参加するなど、本格的に音楽活動を開始するも、3年で中断。
2008年、復帰を決意し、ヴォーカリスト伊藤君子に師事。
2009年2月、代々木ナルのオーディションを機に活動を再開。
2014年9月「MIE JOKE sings BALLAD and other love songs」リリース。
2015年11月「Goodbye today」リリース。
現在、BODY&SOUL、ALFIE、代々木ナルを中心に、全国に活動の場を広げて積極的に活動中。
上長根明子
東京ミュージック&メディアアーツ尚美 電子オルガン学科を卒業後、ジャズピアノへ転向。国立音楽院に入学、ジャズピアノを今田勝氏、トム・ピアソン氏に師事。
都内を中心にジャズライブを行うほか、様々なアーティストのライブサポートやレコーディング、若手アーティストへの指導などを行っている。ジャズピアニストでありながら、「音楽にジャンルの壁はいらない」という考えから、演歌からハワイアンまで幅広くサポートしている。
2013年4月 NHK神戸「ジャズライブKOBE」に出演。2015年から秀吉Trio に参加。バイオリニスト牧山純子をフューチャリングした「Scarborough Fair」がAmazon・iTunesより好評配信中。2016年には自身のオリジナル3曲を収録したミニアルバム「もりながねきくこ vol1」を製作。ほっこり・ご機嫌なサウンドでファンを増やしている。
現在は自身のピアノトリオ「上長根明子Trio」の他、様々な編成でのライブを各地で行なっている。常に音を楽しみ、笑顔の溢れる演奏をモットーに、愛を込めて活動中。
新井光子
東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学卒業。
在学中にローム財団の助成を受けて、スイスでの音楽セミナーに参加。
卒業後はフリーランスのチェリストとして活動。
TVでは 「僕らの音楽」や NHK「トップランナー」などでJ-POPアーティストのサポートを務め、ドラマ「家政婦は見た」や2010年ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞で話題になった「キャタピラー」で演奏を担当。
Jazzのアーティストでは、チックコリア、ジムホールのコンサートにストリングスメンバーとして出演。
また日本人Jazzピアニスト菅野邦彦氏と一緒に演奏する機会を得、刺激と感銘を受ける。
クラシックをベースに持ちながら、最近はJazzや即興演奏に興味を持ち、ピアノ、ボーカル、チェロという編成のユニット「9TH Porter」でのジャンルにとらわれない演奏は、J-WAVE Radio SAKAMOTO よりインターネット配信された。
その他、詩の朗読や能楽、舞踏などとのコラボレーションにも挑戦中。
チャージ
¥3,500
演奏時間
第1ステージ: 14:00~15:00
第2ステージ: 15:30~16:30