1月12日(金曜日) 前日 翌日
出演バンド
邦楽×JAZZ
メンバー
塩高和之(琵琶) 小森慶子(cl,bcl,ss) 早川由紀子(p) カイドーユタカ(b) 箕輪一広(per)
ジャンル
Jazz
プロフィール
塩高和之
伝統的な古典曲だけでなく新作にも積極的に取り組み、分野を超えて作曲・演奏活動を展開。厳島神社、赤間神宮をはじめ琵琶に深く関わる歴史を持つ熊野、高野山などでも演奏会を開く。現在、薩摩琵琶・樂琵琶の両方でCDの発表及び演奏活動を展開するの唯一の演奏家である。
演奏活動の他、琵琶楽やその背景となる中世の文化・芸能等について幅広い視野で講演及び演奏活動を行っている。
公演活動は、東京外国語大学・慶応大学・明治大学・高野山大学・甲南女子大学・テンプル大学などで講演及び特別授業を担当。
小森慶子
日本国内のライブハウスにとどまらず『渋さ知らズ(在籍2000~2008年)』のほか、吉田達也率いる『高円寺百景』で北米やヨーロッパの音楽フェスティバルにも出演、さらに佐藤允彦の『SAIFA』のメンバーとして2009年の『North Sea Jazz Festival』に出演。現在はピアニスト清水一登とパーカッショ二スト小林武文とのトリオ『Ludus Tonalis』、クラリネット即興トリオ『なりゆきのあなた』(+坂田明、吉田隆一)を展開するほか、高円寺百景、トリニテ、FORTIS、パンチの効いたオウケストラのメンバーとして活動。
早川由紀子
ジャズピアニスト&コンポーザー&アレンジャー。辛島文雄氏に師事。
独自のコンテンポラリーサウンドを追求したリーダークインテットを始め、アウラ【(vo)彗莉】とのユニット、佐藤節雄(d)ジャズマニア、その他邦楽バンド等でも活動中。
リーダーアルバム
2008年発売CD“gallery”
2010年発売CD"My wardrobe”(ホワッツニューレコーズ)
2013年発売CD“Rose Neon”(ホワッツニューレコード)
2017年発売CD“メテオライト”(ディスクユニオン)
各JAZZ誌で高評価を博し、絶賛発売中
カイドーユタカ
5歳からクラシックピアノ、16歳からエレキベースをはじめる。武蔵野美術大学入学と同時にジャズ研究会に入部しウッドベース(コントラバス)をはじめる。クラシック奏法を松野 茂氏に師事、1996年よりジャズクラブなどでの演奏活動を開始。その後ジャズを中心に数多くのライブ、レコーディングに参加している。現在も、JAZZ・IMPROVISATIONを中心に演奏活動中。
箕輪一広
80年代からベースプレイヤーとして数々のアーティストのレコーディング、 ライブツアーを始める。
90年代に出会った民族楽器にインスパイアを受け、民族楽器を多用した無国籍音楽グループ(UooMoo)結成。ミディクリエイティブより2枚のCDを発表。 2004年には1stソロアルバム発表。
フレームドラム ダルブッカ レク等 中東の打楽器を用いジャンルにこだわらず 根源的リズムを探求。
口琴 波紋音等 倍音楽器と打楽器の融合を試みる。
チャージ
¥3,000
演奏時間
第1ステージ: 19:40~20:40
第2ステージ: 21:20~22:20